BANDS
Share

NEWS

メディア情報

NEW!
●BURRN! 7月号にレビュー掲載 (2007.07.16 UP)
●6/1配布のJUICE6月号にてインタビュー掲載 (2007.06.02 UP)

DISCOGRAPHY

THIRTEEN

(CD) [DDCJ-3034] ¥2.171-(税込 ¥2.280-) 2007年6月6日発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. GIRL'S ON FIRE
02. HOW CAN YOU FEEL
03. REALITY
04. WHAT YOU LIVING FOR
05. WANNA KNOW NOW
06. SONG WITH NO NAME
07. FOOLED MYSELF AGAIN
08. GET OUT OF MY WAY
09. MYSELF TO BLAME
10. SONG FOR YOU
11. BEAUTIFUL
12. WRITTEN IN BLOOD
13. AUTOMATIC (BONUS TRACK)
14. RUN (BONUS TRACK)
15. YEAH (BONUS TRACK)

日本盤ボーナストラック3曲を含む全15曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(DDCJ-3034)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

2007年2月に電撃復活したThe WiLDHEARTSの日本公演5DAYS、本隊ワイルドハーツの復活とともに慌しくなってきたワイハファミリーからGiNGERのソロに続きリリースされるのが、ワイルドハーツのオリジナル・ギターリストであるCJが自身のバンド、ザ・サテライツ(ギターリストには3 COLOURS REDのポールも在籍)を率いてソロデビューアルバムをドロップ!ワイハの楽曲は激しさの中にあるポップなメロディが特徴だが、それはギターリストのCJの力が大きいという事実をこの作品を聴けば御理解頂けるであろう。現に彼は初期ワイルドハーツ脱退後に結成され活動していたHONEYCRACK(デビューアルバムの日本盤は3万枚以上のセールスを記録!)というバンドで幾つもの楽曲を英国ナショナルチャートに送り込み、幾つものシングル曲がNME誌シングル・オブ・ザ・ウィークに選ばれた実績がある。ワイルドハーツファンやHARD ROCK、METALファンのみならず、BEATLES、JELLY FISHなどを彷彿させるポップでパンキッシュなメロディで日本のポップ層の支持もしっかりと掴んでいるメロディーメーカーなのだ。特に日本ではワイルドハーツのメンバーの中でもGiNGERに負けないくらいの人気者である彼の初ソロ作品だけにファンの間で既に話題となっている待望の作品であるのはまぎれもない事実である。

Bands