BANDS
Share

NEWS

レイザーライトのドラマー、アンディーの実弟ベン・バロウズ率いるキャプテン・フェニックス!
世界に先駆け日本先行デビュー!


来日公演

2007年11月19日 札幌スピリチュアルラウンジ
2007年11月21日 東京渋谷クラブクアトロ
2007年11月22日 大阪東心斎橋SOMA
2007年11月23日 神戸深江浜ZINK
2007年11月24日 横浜クラブ24ウエスト

STAND BY



LONELINESS



PISTOLS AND HEARTS



LIVING ON THE GUESTLIST

DISCOGRAPHY

LIFE. TEMPER. RIOT.

(CD) [DDCJ-3037] ¥2.171-(税込 ¥2.280-) 2007年9月26日日本先行発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. LIVING ON THE GUESTLIST
02. PISTOLS & HEARTS
03. SAME OLD STORY
04. LONELINESS
05. WATER/SUN
06. WHERE DID YOU GO?
07. MEANT TO BE
08. BLACKHEATH
09. BABY'S BACK
10. STAND BY
11. FIND THE TIME
12. OVER & OUT
13. PISTOLS & HEARTS [UNION OF KNIVES REMIX] (BONUS TRACK)
14. PEACE OF MIND (BONUS TRACK)

日本盤ボーナストラック2曲を含む全14曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(DDCJ-3037)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

ベン・バロウズが最初にステージに立ったのは11歳の時。レイザーライトの作曲やボーカルまで務め世界的に注目を集めている兄アンディー・バロウズの影響で、幼い頃から自ら書き溜めた曲をステージで歌う事が自らの生きる道である事を決めていた。そんな彼のもとに、類い稀なギターの才能を持つ親友のルークと、同じくギターのニック、それにアンディーからドラム・レッスンを受けていたロスが集まり、地元ウィンチェスターでキャプテン・フェニックスが結成される。グリーンデイやスーパーグラスのカバーを演奏する小さな街のパブ・バンドとしてキャリアをスタートさせた彼らは、マーシャル・アンプの音が響き渡る70'S ロックを進化させたサウンドを身につけて、軽く100本を超えるライブをこなし、小さな街のキャパシティーでは収まりきれない人気を得た彼ら。2006年初頭にさらなる活動の場を求め、リバティーンズやレイザーライトが登場して以降、インディー・バンドの熱が冷める様子のないロンドンへと拠点を移した。ニュー・レイブなどのメディアが新しく作ったシーンが注目を集めるロンドンでも、安定した演奏力とソリッドで熱いパンク・スピリットを持ち合わせたステージングで、すぐにインディ・キッズの注目を集め、ロンドンの新鋭レーベル"KIND CANYON RECORDS"と契約を結ぶ。そしてデビュー・シングルとなった『LIVING ON THE GUESTLIST』は、メディアからの大注目を集め即日完売となり、一気に2007年のブライテスト・ホープ候補に名乗りを挙げた。同世代で一足先にデビューをした、アークティック・モンキーズやザ・ビューに続く存在感を放つキャプテン・フェニックスに、ザ・フーやレッド・ツェッペリンといった大物を引き合いに出して絶賛するメディアも少なくない。「ストロークスとキングス・オブ・レオン、それにレイザーライトを嫌おうと努めた時期もあったんだ。だけど、彼らはまさに英国的だって事に気づいたんだよ」とベン本人が語る通り、英国伝統のロック・サウンドとポップ・センスを併せ持った彼ら。この夏にはいくつかのフェスティバルとフランス公演お決定し、アルバム発売前にさらに人気を増す事は間違いない。今回は早くから彼らに注目し熱心なファンによるメンバー公認ファンサイトも存在する日本の為に、全世界に先駆けていち早くアルバムが到着!

Bands