BANDS
Share

NEWS

「タイムレス・メロディ」、再び。
ジョン・レッキー(レディオヘッド、ミューズ、ストーン・ローゼズのプロデューサー)をして「10年に1人の逸材」と言わしめ、ポール・ウェラーまでもが「英国伝統メロディの至宝」と大絶賛!「とくダネ!」にて紹介、新人ながらデビューアルバムの国内セールスが1万枚を超えたアノバンドが帰ってくる!!!
噂が噂を呼んでいた元ザ・トルバドールズのフロントマン兼ソングライター、マーク・フリス率いるニューバンド、日本限定ミニアルバム、緊急リリース決定!!


HUMMINGBIRD

DISCOGRAPHY

HUMMINGBIRD

(CD) [VJR-3106] ¥1.600-(税込 ¥1.680-) 2011年1月12日発売
歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. HUMMINGBIRD
02. DANIELLA
03. SET MY SOUL ON FIRE
04. JE VOUS AIME
05. SOMETHING’S COMING OVER ME
06. HALLOWED HEARTBREAKER

全6曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(VJR-3106)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

ザ・キャプティヴ・ハーツは、元ザ・トルバドールズのフロントマンでありソングライターであったマーク・フリス(ボーカル、ギター、ハーモニカ)を中心に、クリス・ウェスト(ギター)、アンドリュー・スミス(ベース)、ヤートシー(ドラム)によって2010年に結成された4ピースバンド。マークはザ・ストーン・ローゼズ、レディオヘッド、ミューズ、クーラ・シェイカーのプロデュースを務めたことで知られる英ロック界の最重要プロデューサー、ジョン・レッキーをして「10年に1人の逸材」と言わしめた才能の持ち主で、その繋がりがあってザ・トルバドールズ時代にジョン・レッキープロデュースの元、本国で名門レーベルLOOG(ザ・ホラーズ、パトリック・ウルフを輩出)よりシングルをリリース。更に英ロック界のゴッド、ポール・ウェラーも「英国伝統メロディの至宝」と大絶賛、UKツアーのオープニングアクトにも抜擢された。また、イギリスで最も権威ある音楽誌「Q」では「ブレイク必至のニューバンド・ベスト10」に選出、その評判は日本にも飛び火し「ザ・ラーズの再来」として大きな話題となり、2008年8月にサマーソニックにて初来日、続く11月にも単独日本ツアーを行い、高い評価を受けた。9月には本国でお蔵入りになってしまったデビューアルバムを日本限定でBMG JAPANよりリリース。「とくダネ!」にて推薦盤として紹介され、新人ながらセールスは一万枚を超え、オリコン洋楽チャート22位を記録した。そんな彼らがおよそ2年の沈黙を破り、素朴で優しく、瑞々しく爽やかなネオアコ/ギターポップサウンドはそのままに、いちアーティストとして更に成熟したマークのソングライティングはまさに「タイムレス・メロディ」とも言うべき説得力を得て、日本限定ミニアルバムを引っさげ帰ってくる。

Bands