BANDS
Share

NEWS


現在イギリスのロック・シーンで、最も元気でおもしろいのが、ずばりインディ・レーベルであり、インディ・バンド!そんな今後の活躍が期待される新人バンド達をいち早く1枚のアルバムにコンパイル!音楽雑誌やメディアでは知る事の出来ない、現場感覚のリアルな海外音楽シーンを味わえるコンピレーションアルバム「サウンド・オブ・アン・エラ」

DISCOGRAPHY

SOUND OF AN ERA

(CD) [DDCJ-3008] ¥1.905-(税込 ¥2.000-) 2006年3月23日発売 廃盤
解説付 解説:Q's (Pop it!/British Pavillion)

収録曲 / アーティスト:
01. Thee Small Faces / METRO RIOTS
02. We're The Young Offenders [Fucked Up Version] / THE YOUNG OFFENDERS INSTITUTE
03. One Big Repeat / LOUIE
04. Lucy / DUSTIN'S BAR MITZVAH
05. Fables / FURY OF THE HEADTEACHERS
06. Automatic / THE CUBAN HEELS
07. Head Games / FIVE O'CLOCK HEROES
08. Witness Protection / THE B PLAN
09. Polly-O / THE MULES
10. Moth To A Flame / O FRACAS
11. Much Too Much / LES INCOMPETENTS
12. Photograph It / ALAMOS
13. Attack:Form / SNOW WHITE
14. Naked / COMANECHI
15. Steady Rock The PLO / THE COPS
16. Ginko Disco / LOVE ENDS DISASTER
17. A Moments Brightness / THE ACUTE
18. I Know You Know / TIGERMOTH
19. She Is Nervous / BUGY CRAXONE
20. Manifesto / DRINKME
21. Harlesden / BRINKMAN

全21曲収録

BIOGRAPHY

METRO RIOTS
ロンドンインディーズニューガレージロックの最後の大物!と言われている彼等のリリース後に即廃盤となったデビューシングルからの1曲。そのシングルのジャケットデザインはあのベイビーシャンブルズのボーカリスト、ピーター・ドハティーの腕に彫ってあるベイビーシャンブルズのロゴの入墨をデザインしたロンドンの新鋭画家ソフィー・サンダースによる物で、彼等は一躍話題となる。現在、DIRTY PRETTY THINGSとツアー中で、彼等のアルバムのリリースを巡り、イギリスの各メジャーレコード会社が争奪戦中。
THE YOUNG OFFENDERS INSTITUTE
あのオアシスの名作「MORNING GLORY」やヴァーヴの「URBAN HYMNS」、 COLDPLAY、BLURなどイギリスの名作を数々手掛けた名プロデューサー、オーウェン・モリスが手掛けるマンチェスターの新人バンド。その風貌とサウンドは、正しくファンが本当に望んでいるであろう初期オアシスの様なラッド丸出しのサウンド。今作は彼等の限定でリリースされ即完したデビューシングルのタイトル曲で英国は放送禁止になった方のバージョンを収録。メジャーデビューも決まり、次作シングルをレコーディング中。
LOUIE
全員十代という若さ溢れるマンチェスターの6人組。ツインボーカルのガレージロックサウンドでイギリスでは話題沸騰中。今作は限定500枚でリリースされ即完になったデビューシングルから収録。既にアイランドレコードとワールドワイド契約を結んでおり、現在DIRTY PRETTY THINGSとツアー中で9月には世界デビュー予定。このコンピ参加が最後のインディーズリリースとなります。
DUSTIN'S BAR MITZVAH
先日の来日公演、BRITISH ANTHEMSでの来日公演では凄まじい盛り上がりを見せ、UKインディーズの底力を見せたウエストロンドンのリアルパンクス、ダスティンズバーミッツヴァーのデビューシングル曲。先日のロンドンの2000人収容の会場で行われたレコ発ライブでは約200人が会場に入れない程の大盛況。夏には待望のUKデビューアルバムがリリース予定で盛り上がり必至!
FURY OF THE HEADTEACHERS
アークティックモンキーズの登場で一躍注目されるシェフィールドからの新たなバンド。先日リリースされたアナログ7インチのみのデビューシングルはリリース前から予約が殺到し、即完売。イントロのドラムを聴いただけでヤバいバンドだという事が理解して頂けるでしょう。今収録曲はその入手困難なデビューシングルの初CD音源化。夏にはデビューアルバムのリリースが控えており、さらに注目されるバンドになるなるハズ。
THE CUBAN HEELS
全世界で猛威を振るっているカイザー・チーフスなどのネオブリットポップ勢。このブリストルの5人組、キューバン・ヒールズもその中の注目すべきバンドの1つ。今作は彼等の2ndシングルからの1曲。ブレイク前のアークティック・モンキーズやラフトレードレーベルが1押しの新人リトランズなどとツアーを回っている事からも要注目の新人バンドだとお分かり頂けるでしょう。現在、次作シングルのレコーディングに取りかかる模様。
FIVE O'CLOCK HEROES
イギリス人とアメリカ人半々というメンバー構成の4人組。後期マニックスを彷彿させるブリティッシュで力強いサウンドが持ち味の彼等。大物メジャーバンド達からもひっきりなしにサポートをオファーされる程、バンド、UKメディアの評価は高い。今作はUKラジオでもへヴィープレイされ、彼等の代表曲とも言える3rdシングル曲。待ちに待ったデビューアルバムももうすぐリリース予定。
THE B PLAN
リアルパンクス、Dustin's Bar MitzvahのベーシストBACOが別ユニットで結成しBACOがボーカルを務める3ピースバンド。彼がボーカルを取る事により、ダスティンズとはまた違った彼の良さが出てます。驚くほどメロウでエモーショナルなのでダスティンズの彼を知っている人なら驚くハズ。まだデビュー前なので今作が全世界初のオフィシャル音源化になります。
THE MULES
UKの新鋭インディーズレーベル「MARQUIS CHA CHA」一番人気のオックスフォードの5ピース。彼等のオリジナルなサウンドはポストパンクなポーグスとUKプレスでは褒めちぎられ、懐かさもありつつ、今のUKバンドの臭いも感じる数少ない珍しいバンドです。今作は限定リリースされた彼等の2ndシングル曲。現在、フルデビューアルバムを製作中。
O FRACAS
独特のリズム感とポストパンクなギターに定評があるリーズの4ピースバンド。彼等のサウンドはとにかく曲展開が読めないほど、独自でソリッド。そのせいもあってか、多数のメジャーバンドのサポートも務める。彼等のデビューシングルは即完売しており、次作のリリースも争奪戦になりそう。今作は彼等の初オフィシャルリリースとなる未発表曲でこのコンピレーションのみ収録のレアトラックです。
LES INCOMPETENTS
ロンドンで盛り上がりつつあるスカパンクシーンの中心に位置するのがスカ、ダブ&ガレージなサウンドとノリノリのファンキーなライヴで大人気なロンドンの6ピース。ホーンやツインボーカルのアクセントが効いており、とにかく彼等の曲は楽しい。今作は彼等のデビューシングルから収録。
ALAMOS
妖艶で攻撃的なサウンドを叩き出すスコットランドの若き3ピースバンド。デビュー前からフランツフェルディナンドやブロックパーティーのサポートを務めるのも頷ける程のサウンドクオリティはハンパなく、3ピースとは思えない程で、デビュー当初のミューズを彷彿させる。今作は彼等の2ndシングルのタイトルトラック。春にはデビューアルバムをUK、日本でリリース。
SNOW WHITE
驚く程の美形ルックスにも関わらず、破壊的なノイズを繰り広げるロンドンの4ピース。ニルヴァーナ meets マイ・ブラッディー・ヴァレンタインと称されるそのサウンドは凄まじいの一言。残念ながら2005年12月をもって突然の解散。このコンピレーション参加が彼等の最後のリリースとなる。
COMANECHI
日本人ヴォーカル&ドラマーのAKIKOとイギリス人のSIMONによる2ピースパンクバンド。イギリスやアメリカメディアではホワイトストライプス meets ソニックユースと絶賛!英紙NMEやファッション紙などにも頻繁に登場する期待のニューカマー。今作は彼等の2ndシングルのタイトルトラック。現在、UK、USツアー中。もうすぐニューシングルもリリース予定。
THE COPS
本コンピレーション唯一参加のオーストラリアバンド。地元オーストラリアでは各フェスティバルに引っ張りダコな彼等のロック&パーティーなサウンドは元リバティーンズ、現DIRTY PRETTY THINGSのカールも絶賛。今作は彼等の楽曲の中でもロック&ガレージ感の強い未発表曲を収録。現在、ニューシングルのレコーディング中。
LOVE ENDS DISASTER
ブロックパーティーを見い出したロンドンのインディーズレーベル「DANIAL RECORDS」からデビューしたノッティンガムの5人組。ポストパンクとポストロックを融合させ彼等のサウンドはまさに独特でありミューズからダイナソーJRのオープニングアクトに選ばれたのも納得。今作は彼等のデビューシングルから収録。もうすぐニューシングルがリリースされます。
THE ACUTE
その妖艶な姿からも初期マニックスやマンサン、ミューズなどを彷佛させるエジンバラの3ピース。まださほど活動を行っていないバンドだがその楽曲のクオリティやポテンシャルから注目されるバンドになる事は容易に想像できる。今作は彼等の未発表曲。現在、オフィシャルリリースのデビューシングルを製作中。
TIGERMOTH
90年代初期のUKロックシーンの代表バンドの1つでもあるセンセレスシングスのメンバーが立ち上げたレーベルからデビューしたロンドンの4ピースバンド。ベイビーシャンブルズとは縁が深く2005年初頭は良くツアーサポートをしていたバンドでもある。今作は彼等のデビューシングルのタイトルトラックであり、リバティーンズのポップさを彷佛させる曲。近々、2ndシングルをリリース予定。
BUGY CRAXONE
本コンピレーション唯一の日本代表のバンド。ニューアルバム「BUGY CRAXONE」をリリースしたばかりの彼等がアルバム未収録の新曲で参加。是非、洋楽ファンにも聴いてもらいたい彼等の楽曲はクラッシュ、ベルベットアンダーグラウンドからフガジまで、様々な音楽を消化し、創り上げた正にブージースタイル。とにかくこんなバンドが日本にもいるという事を知ってもらいたい。
DRINKME
ポップなジーザス&メリーチェインと評判のロンドンの2ピース。ボーカル&ベースのラスはエコーベリーのベーシストでもある。本作収録のこの曲はアナログオンリーでリリースされたポップでダンサブルな彼等のデビューシングル曲。既に東京、大阪のロック系クラブイベントでは定番曲になってます。初のCD化。
BRINKMAN
本コンピレーション収録バンドで一番伝統的な叙情系ブリティッシュギターロックを鳴らすロンドンの3ピース。その壮大なサウンドはいかにもイギリスのバンドらしくTRAVISやCOLDPLAYを彷佛させます。公式なリリースは未だなく、このコンピレーションが初の公式リリース音源となります。現在、GOOD SHOESやMYSTERY JETSとツアー中。

Bands