BANDS
Share

NEWS

モータウン50周年の年、大注目のUSインディシーンより登場!
フィル・スペクター・サウンド/ソフト・ロックを21世紀に蘇らせるガールズ・ポップ・グループ!!
シュープリームス、ロネッツ直系の可愛くて、楽しくて、最高にキマってる本格派パーティ・サウンドで日本デビュー!!

DISCOGRAPHY

PRESENTANDO... LAS ZANAHORIAS

(CD) [DDCJ-3063] ¥1,800-(税込 ¥1,890-) 2009年3月11日発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. BEVERLY
02. KISSING AND TELLING
03. I TRIED TO CALL YOU
04. GLORIA
05. DOING OUR PART
06. JIMMY DON'T CRY
07. SECRET SINCE '99
08. LADIES OF GIVENS

全8曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(DDCJ-3063)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

2005年夏、米テキサスはオースティンにて60年代ガールズ・グループのようなバンドをやるためにヴェロニカ・オルトーニョがMySpace上で呼びかけたことをきっかけに結成されたザ・キャロッツ。90年代以降のライオット・ガール・ムーブメントの中でビキニ・キルと並ぶ人気バンドとして、カレン・オー(ヤー・ヤー・ヤーズ)からも賞賛を受けているバンドFINALLY PUNKのヴェロニカ、エリンとステファニーの3人を中心に、ヴォックストロットのサポートメンバーとして活躍するジェニファーや、THE PRIMA DONNASやTHE OLD TIMERZ、THE TELEPHONE COMPANYといった地元バンドで活躍するミュージシャンが集い、ザ・ロネッツやザ・シュープリームスなどのカバーを演奏し始める。その後、オリジナル楽曲を書き溜めたバンドは、2006年にはメアリー・ルー・ロードやオブ・モントリオール、ホセ・ゴンザレスとの共演を始めとするライブを重ね、初のデモ曲をMySpace上にアップすると同時にスペインの良質インディー・レーベルELEFANT RECORDS(ラッキー・ソウル、カメラ・オブスキューラ、オ・ルヴォワール・シモーヌなどのリリースを手がける)からオファーを受ける。そして翌年にはエリック・ウォフォード(マイ・モーニング・ジャケット、ヴォックストロット)のプロデュース8曲のレコーディングを行い、2008年SXSWではザ・レモンヘッズやザ・キルズとも共演、北米ツアーを敢行しオーディエンスに鮮烈な印象を与える。また、同時期にELEFANT RECORDSより、5月に1000枚限定デビュー・シングル「ドゥーイング・アワー・パート」を、6月末にもシングル「ビバリー」を同フォーマットで発売すると、「ザ・ピペッツ、ラッキー・ソウルへのアメリカからの回答」として世界各国のインディー・ポップ・ファンの間で話題になる。ライオット・ガール・ムーブメントやKレーベルと言ったUSインディー・シーンを支えたメンバーの確かなスキルによってコンセプチュアルに現代に蘇った60'sガールズ・グループ・サウンド。オールディーズ/ソフト・ロック・ファンはもちろん、ベル・アンド・セバスチャンとも共鳴するような爽やかなサウンドは全インディ・ポップ・ファン要注目!!

Bands