BANDS
Share

NEWS

放送コードギリギリOK ??!!こんなキワドい連中見た事ない!!ネオン王子が引き起こすテロ光撃に撃沈!!
英国王室までもが顔をしかめるR-18指定のトランス・レイブコアバンドが日本を震撼させる!!

KLAXONSより以前からNU RAVEのパイオニアとして君臨していたJET & MASON STORM兄弟、義眼のベーシストK-BOMB、そしてドラマーBAM BAMからなるネオン集団TRASH FASHION。NME、BBCの絶賛を受け超大御所DJ、FAITHLESSのサポートを務め、PRODIGY、BEASTIE BOYSからMOTLEY CRUEまでを引き合いに出されるグライム、スクリーモ、メタル、レイブを吸収したミクスチャーサウンドでクラブチャートを席巻。今迄にリリースされた大人気シングル3枚を含む「EAT OUR SKILL」で遂に日本デビュー決定!

★「クラクソンズはニュー・レイブという言葉を発明したが、その道を開いたのはトラッシュ・ファッションだ。
    ヤツらはパーティを催す術を本当に心得ている。」 - NME -

★「デュラン・デュランに対するニューレイブからの回答。
    英プレス、関係者の間では既にネクスト・ビッグ・シングと囁かれている。」 - Disorder Magazine -

★「モトリー・クルーがビースティー・ボーイズのビートと共にザ・マペット・ショーに登場したようだ。」 - Super Super -

★「"RAVE DAVE"は今年下半期のシングル・オブ・ザ・イヤーだ」 - TimeOut -

★「バーミンガム出身の中で今最もアツいバンド」 - Kissey Sell Out (BBC Radio 1 DJ) -



RAVE DAVE



MOM & DADDY



WHY CAN'T WE BE FRIENDS

DISCOGRAPHY

EAT OUR SKILL

(CD) [DDCJ-3050] ¥1.800-(税込 ¥1.890-) 2008年6月4日発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. YOU'RE DEAD
02. WHY CAN'T WE BE FRIENDS
03. TRASHRAT
04. SPREAD THE LOVE
05. RAVE DAVE
06. TERMINATOR THIEVING
07. TIGHT BODY
08. MOM & DADDY

全8曲+シークレットトラック1曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(DDCJ-3050)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

ニュー・レイブという言葉が英インディキッズの間で公然と囁かれるようになる遥か以前からJET(ヴォーカル)とMASON(ギター)という2人のSTORM兄弟はALTERN8などのレイブ・クラシック・ヒーローのカバーを早くからライブ・セットで披露していた。KLAXONS、HADOUKEN!、ENTER SHIKARIといった彼等の後続ながらもレイブを取り込んだ音楽性を持ったバンドが徐々に英国で盛り上がる様相を静観していた彼らは、さらにダンスフロアの破壊力を増す為、義眼のベーシストK-BOMB、そしてドラムスBAM BAMをメンバーとして迎え4ピースTRASH FASHIONとして活動を本格化させる。結成当初から、ライブパフォーマンスの高いエンターテイメント性とそのサウンドの先見性で語り種となっていた彼らは、当然のごとくライブハウスに足しげく通うメジャー・インディレーベル等音楽関係者からしきりにリリースのオファーを受けたもののそれらをあっさりと蹴って、DIY精神に基づき自主制作でデビューシングル『IT'S A RAVE DAVE』を1000枚限定アナログ盤でリリース。ティーンエイジャーのクラブDJを筆頭に絶大な人気を誇り、自主リリースとしては異例の即日ソールドアウト、その衝撃的なタイトルと共に伝説が伝説を呼び2007年初頭のクラブアンセムと化した。その噂はイギリスからヨーロッパ各国に飛び火、ベルリン、パリ、ローマ、モスクワ、バルセロナといった主要都市をツアーで周り、耳の肥えたインディファンを震撼させた。その後、イギリスに帰国した直後の10月には続くシングルとなる『MOM & DADDY』を自身で立ち上げたレーベルPROPAGANDAよりリリース、グライム、スクリーモ、レイブ、ダンスをミックスした音楽性はさらに常軌を逸した凶暴なエネルギーを増し2007年下半期のクラブチャートを席巻。2008年に入ってもその勢いは留まることを知らず、年初めからほぼ連日のUK全国ツアーを敢行。その合間を縫ってアメリカのフェスSXSW 2008に出演、サードシングル『WHY CAN'T WE BE FRIENDS』のリリースと更なる進化を続けている。狡猾なビートによって支配された難攻不落の蛍光サウンドが光速で日本を貫く!

Bands