BANDS
Share

NEWS

ピーター・ドハーティー、エディ・スリマンの寵愛を受ける現代のヴェルヴェット・アンダーグラウンド現る!!
美しくも狂気を孕んだポエム、起源にして革新のノイズをキメるニュー・ジェネレーション、日本デビュー!!


雑誌掲載情報

2008年
●CD JOURNAL 9月号 ディスクレビュー掲載
●ROCKIN' ON 9月号 ディスクレビュー掲載
●AMAZON特設ページインタビュー掲載

IS IT WRONG?



DISCOGRAPHY

PRIMITIVE WORLD

(CD) [DDCJ-3051] ¥2.171-(税込 ¥2.280-) 2008年7月16日日本先行発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. DON'T CALL IT LOVE
02. IS IT WRONG?
03. EVERYTIME
04. PRIMITIVE WORLD
05. DID YOU HIDE FROM SATURDAY NIGHT?
06. END DEAD
07. CHELSEA
08. OUR WAY
09. WHILE ON YOUR WAY BACK TO ME
10. HERE COMES THE NIGHT
11. AFTERMATH (JAPAN BONUS TRACK)
12. STAY ALIVE (JAPAN BONUS TRACK)
13. AWEFUL ALL THE DAY (JAPAN BONUS TRACK)

日本盤ボーナストラック3曲を含む全13曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(DDCJ-3051)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

リトランズは今現在最もロックシーンの先進とされる二つの都市、ロンドンとニューヨークを拠点として活動するアンドリュー(ヴォーカル/ギター)、アレックス(ギター)、ライアン(ベース)、ベン(ドラム)からなる4ピースバンド。フロントマンであるアンドリューは、前身バンドであるTHE WHITE SPORT(THE LIBERTINESの元マネージャー創設の1-2-3-4 RECORDSに所属)という3ピースバンドで活躍、解散後アンドリューはリトランズを立ち上げ、残り二人のメンバーは元THE LIBERTINESのピーター・ドハーティと共にBABYSHAMBLESを結成。その縁あってリトランズがBABYSHAMBLESのツアーサポートを務めた際、そこでプレイした曲『OUR WAY』にピーターが惚れ込み自らコラボレーションをオファー。『THEIR WAY (FEATURING. PETER DOHERTY)』として英名門インディーレーベルROUGH TRADE UKよりリリースされたこのシングルは、UKナショナルインディーチャート第2位を記録。またBABYSHAMBLES監修のツアーバスプレイリストコンピレーション『BACK TO THE BUS』にも収録された。その後、当時ディオール・オムのデザイナーであったエディ・スリマンもバンドを気に入り、2007 SPRING/SUMMER COLLECTIONのショーサウンドトラックとして『WE LOOK GOOD TOGETHER』(本作では『CHELSEA』として収録)を提供することとなった。また彼が撮影したケイト・モスのポートレート(2008年3月仏紙LIBERATIONに掲載)のサントラとして『OUR WAY』が使用されていることもからもそのただならぬ寵愛ぶりが伺える。繊細に綴られる世界観、様式美は音楽の粋を飛び出し今や時間芸術の遥かなる高みへと達した。インディ×アート×ノイズ×プロトパンクが交配されたサウンドが終焉にして原始の世界へと響き渡る。

Bands