BANDS
Share

NEWS


刺激的なインディ・バンドにスポットを当てたコンピレーションアルバム"SOUND OF AN ERA"より約1年半。
インディ・シーンの"今"を映し出す第2弾コンピレーション"SOUND OF AN ERA II"が遂に完成!!
今作はHMV JAPANとの全面コラボレーション!
今後一瞬たりとも目が離せない、イギリスからのホットなニューバンド21組を収録!!

DISCOGRAPHY

SOUND OF AN ERA II

(CD) [VJR-058] ¥1.886-(税込 ¥1.980-) 2007年10月10日限定発売 廃盤
解説付
商品購入ページへ

収録曲 / アーティスト:
1. Dear Constable / HARRISONS
2. Living On The Guestlist / CAPTAIN PHOENIX
3. Baby I'm Bored / NEATPEOPLE
4. Maybe Baby / THE SIGMA
5. Ball The Boss / THE TOY GUNS
6. Never Can Tell / 1984
7. Here Comes The Night (Demo) / LITTL'ANS
8. Bon Voyage / YELPS
9. National Flame / MELODY NELSON
10. Cavorting / THE COURTEENERS
11. Hey Peter (That's A Real Cool Bikes Man) / THE VON ERICH FAMILY
12. Had It Made / THE SUGGESTIONS
13. Kickin' The Teeth / THE ROCKS
14. Diem / THE SCREENING
15. Kick Out The Grams / THE OXFAM GLAMOUR MODELS
16. Tree Friend Tree Foe / BOLT ACTION FIVE
17. Don't You Forget / LETS BITTER CINEMA
18. Mom & Daddy / TRASH FASHION
19. Volumes / THE VIVIANS (UK)
20. You Think You Can Dance / FRIENDS OF THE BRIDE
21. The Last Time You Go / YETI

全21曲収録

BIOGRAPHY

HARRISONS
シェフィールド出身の新人アーティストの中では群を抜く実力で日本のインディーロックファンの間でも噂になっているダークホースの4ピースバンド。噛み付くようなボーカル、エッジの効いたチューンが話題を呼びデビューシングル発売当初からシングルを買い求める人が殺到し、今までリリースされたシングルはほぼ完売状態。そんな彼らの最もアグレッシブで刺激的な最新シングルを収録!
CAPTAIN PHOENIX
9月にアルバム『LIFE.TEMPER.RIOT.』で日本デビューを果たした当レーベル所属バンド。レイザーライトの作曲面でジョニーと共に中心的役割を果たすアンディの弟、ベン・バロウズがフロントマンを務めているだけあってその歌心は素晴らしい才能を感じさせます。リリース前から話題沸騰のため即完売してしまったデビューシングルを収録です。
NEATPEOPLE
エセックス出身のインディポップ4ピース。最近このような陽性のポップネスを備えたバンドがインディシーンではじわじわと人気を獲得しているだけにこのバンドも来年大きなブレイクを果たすかもしれません。今収録曲はVINYL JUNKIE SHOPで何度入荷しても売り切れた大人気デビューシングル!初CD音源化です!
THE SIGMA
THE HOLLOWAYS、LARRIKIN LOVE、THE RUMBLE STRIPSなどと近いテイストのいかにもロンドンらしいサウンドで注目を集めているギター・ロック4ピースバンド。UK屈指のインディーレーベルYOUNG & LOST CLUBよりリリースされ、小気味良いギターリフと思わず微笑んでしまうようなメロディが魅力的なデビューシングルを初CD音源化で収録です。
THE TOY GUNS
レーベル未契約時からXFM、BBCのDJ陣の間で注目の的だったロンドン出身の4ピース。リリースされたシングルは既に本国でも入手困難になるなどその人気ぶりが伺えます。LILY ALLEN、THE BIRD AND THE BEEを見出したREGAL RECORDINGSが本腰をあげてプッシュしているだけに今後も注目しておいて間違いないでしょう。今収録曲はバンドが特別にレコーディングしてくれた未発表音源!
1984 (EX-THEE UNSTRUNG)
ポストリバティーンズ勢として知られ人気絶頂の最中にアルバム一枚を残して解散してしまったTHEE UNSTRUNGのメンバー3人が新しく結成したバンド。新バンド名義での初リリース音源がいち早くここ日本に到着!
LITTL'ANS
ピート・ドハーティが惚れ込み参加を頼み込んだことで知られるシングル『THEIR WAY』を2005年ROUGH TRADEよりリリース、ADD N TO (X)、THE WHITE SPORT(BABYSHAMBLESのメンバーが在籍していたバンド)と豊富なキャリアを持つANDREWを中心に結成され、昨年ディオールのショーサントラにも曲を提供した4ピースバンド。NEW YORK、LONDONを行き来するハイブリッドなセンスから生まれたサウンドはTHE VELVET UNDERGROUNDを彷彿とさせます。日本ではVINYL JUNKIEより近々デビュー致します。
YELPS
THE VIEWを筆頭にJACK AFRO、THE DRAYTONES、RIPCHORDとリリースが続く1965 RECORDSがつい最近獲得したばかりの注目4ピースバンド。このルックスとキャラ立ち、そしてジャンル分け不可能かつ不要な個性的かつアート性の高いサウンドは中でも頭一つ抜け出た存在になることは間違いないでしょう。1965からのデビューより先に、いち早くこのコンピレーションで初音源化です!
MELODY NELSON
BABYSHAMBLES、RAZORLIGHTのサポート経験があり、そのサウンドはIGGY POPなどを引き合いに出されて形容される本格的骨太ガレージロックの新星3ピース。叩きつけられるドラム、暴れ狂うギター、そしてしゃがれ声でのシャウト。JET、THE WHITE STRIPESあたりのファンの方は確実にハマります。現在デビューアルバムをレコーディング中。
THE COURTEENERS
THE HORRORSを大成功へと導いたUKインディレーベルLOOGが激プッシュ中、最近のNMEでも毎号のように記事が掲載され8月にリリースされたデビューシングルはリリース前から完売、すでにオークションでも高値で取引されている久々の大物感漂うマンチェスター出身の4ピースバンド。10月にはニューシングルも発売予定ですが、すでに入手困難なデビューシングルを収録!日本ではVINYL JUNKIEより近々デビュー致します。
THE VON ERICH FAMILY (EX-DUSTIN'S BAR MITZVAH)
今年5月に惜しまれつつも解散してしまったDUSTIN'S BAR MITZVAHのメンバー3人が新しく結成したバンド。RAMONES直系のパンクスタイルで暴走したサウンドから少し大人になった彼らの成長がうかがえるであろう、新バンド名義での初リリース。ダスティンズファン待望の音源、遂にお披露目です!
THE SUGGESTIONS
メンバー全員10代、ケント出身の4ピースバンド。エド・ラリキンが歌う初期オーディナリー・ボーイズとでも表せそうな剥き出しの若さが溢れ出るサウンド。初期衝動に任せた荒削りな勢いの中で、ソングライティングのセンスがキラリと光り、今後の成長に期待大のバンドでもあります。本国でのデビューを控え初のリリース音源です!
THE ROCKS
2004年に『ASKING FOR TROUBLE』で日本デビューを果たした当レーベル所属バンドTHE ROCKS。センスある抜群のライブパフォーマンスと卓越したキャッチーなメロディセンスで大人気の彼ら。アルバムにはもちろんシングルにも未収録で、このコンピレーションの為に特別に作曲・レコーディングしてくれたという完全未発表の音源を収録!!
THE SCREENING
90年代のブリット・ロックを愛聴していた方は思わず唸ってしまうであろうダイナミックなギターと高揚感あるグルーヴを武器とするKASABIANと同郷レスター出身の4ピースバンド。最近この手のサウンドを持つバンドは珍しいですが、逆にその存在感が引き立っているとも言えるでしょう。リリースされたばかりの限定EPより代表曲を収録。
THE OXFAN GLAMOUR MODELS
一見紳士的な佇まいながら、ノイジーなギターと破壊的なパフォーマンス、そして腐った音楽業界へのご意見番としても知られる5ピースバンド。そのパンク精神を宿すアティチュードにストイックなサウンドは没個性的なロックに慣れ切ってしまった耳にはきっとイイ刺激になるハズ。NMEシングル・オブ・ザ・ウィークにも輝いた超名曲を収録!
BOLT ACTION FIVE
クラクソンズ・ミーツ・ハドーケン!という形容が正しくハマってしまう次世代ニューレイブの担い手4ピースバンド。ゲームのサントラを連想させるチープなビートはとても今年っぽい雰囲気ですが、無理やり取って付けたようなサウンドのバンドとは一線を画す、80'Sニューウェーブに根ざした印象的なメロディは特筆モノ。既に本国では完売となってしまったデビューシングルを収録!
LETS BITTER CINEMA
たった一人でギター、シンセから拡声器までも自在に操る独自のライブパフォーマンスで話題の今作品唯一のソロアーティスト。多種ジャンルがクロスオーバーするイギリスでさえシンガーソングライターと言えばアコースティックなものかポップスのようなテイストのものが占める中、トガったバンドサウンドを鳴らしつける様は正に異端児。昨年YOUNG & LOST CLUBからシングルデビューを果たしましたが、本作には未発表音源を収録です。
TRASH FASHION
原色ファッションに身を包みアヴァンギャルドレイブハードコアなサウンドでロンドン・アンダーグラウンドシーンの最旗手として人気を誇る4ピースバンド。ゴールデンタイムにはお届けできないキ○ガイ電波系ですが、宇宙随一のセンスから放たれる中毒性抜群のトラックの数々は今後要注目。10月リリース予定のセカンドEPからタイトルトラックを収録。
THE VIVIANS (UK)
スコットランドの首都エディンバラ出身の5ピースパンクバンド。上半身裸でのステージングやスキニーパンツのスタイリッシュな履きこなし、『GOD SAVE THE QUEEN』が大流行した1977年とオーバーラップしてしまう人も多いのでは?パンク30周年と言われる本年にグッドタイミングで届いた、まだ本国でもデビューしていない彼らからの初リリース音源!
FRIENDS OF THE BRIDE
クラシカルなパブのステージから飛び出してきたような出で立ちで、かのモッズ・リヴァイヴァルに古き良きジャズ・スウィングを持ち込んだ新感覚サウンドで注目を集める3ピース。4月にYOUNG & LOST CLUBからニューシングルをリリースしたばかりですが、未発表の新曲を収録です。
YETI
ご存知、リバティーンズを静かに見守り続け、そしてビートルズを愛する男ジョン・ハッサールが率いる当レーベル所属バンド。市場にもあまり出回らなかったEP『ONE EYE ON THE BANQUET』に収録され、現在好評発売中のデビューアルバム『YUME』の中でも一二の人気を誇る哀愁漂うこの一曲を収録。

Bands