BANDS
Share

NEWS

THE WiLDHEARTS meets BACKYARD BABIESサウンド!
絶賛の英国産バッドボーイズロックンロールバンド、日本デビュー!


メディア情報

●BURRN! 8月号にインタビュー&レビュー掲載 (2007.07.16 UP)

DRESS CODE VIOLENCE

DISCOGRAPHY

STATIONS OF THE DEAD

(CD) [DDCJ-3035] ¥2.171-(税込 ¥2.280-) 2007年7月18日日本先行発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. HEAD
02. 21ST CENTURY BITCH
03. DRESS CODE VIOLENCE
04. REAL GOOD TIME
05. HOWL
06. SO SELFISH TOO
07. DRUGSTAR
08. PISSED
09. WHAT YOU'RE ON
10. LOST NIGHT OF THE ENGLISH PIGS
11. HONEY RYDER
12. TRACKSIDE PUSSY
13. PRETTY FUCKING SICK (BONUS TRACK)
14. HEY ROSA (BONUS TRACK)
15. DEVIL SONG (2007) (BONUS TRACK)

日本盤ボーナストラック3曲を含む全15曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(DDCJ-3027)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

ガンズ・アンド・ローゼズの来日を気に、再び熱を帯びだしたヘヴィー&ロックンロールシーン。ザ・ワイルドハーツ、バックヤード・ベイビーズ、スキッドロウなどの日本でも人気の高いバンド達とも親交が深く、彼等も絶賛する英国はエセックス出身のこの4人組。ANTI PRODUCT、ICARUS LINE、THE GA-GA'S等のハードでメロディアスなバンド達とのツアーを経て完成させた今作は正しく日本人の琴線に響くロックンロール。根強いファンベースを持つこの系の音楽シーンにおいて、アーティストオーラと同様に重要なのがやはりサウンド。それを裏付けるかの様にTOKYO BAY FMで伊藤政則氏DJによる人気番組「POWER ROCK TODAY」でまだリリース前にも関わらず、幾度とオンエアーされた事もあり、まだ発売前のCDを探し求めるファンが多数出現。VELVET REVOLVER/THE WILDHEARTS フォロアーバンドとして見逃すにはもったいない!やたら耳に残るそのメロディは聴けば聴く程にクセになり、BULLET FOR MY VALENTINEやMY CHEMICAL ROMANCEといった新世代バンドのファンにも聴いてもらえると、きっと彼等の良さが分かるハズ!

Bands