BANDS
Share

NEWS

現在のUKで十代のストリートパンクキッズに最も愛されているバンドはヤツらだ!ザ・クラッシュ、ザ・ポーグス、マッドネス、ランシドなどを引き合いに出される彼らの音楽性は多種多彩。オールドスクールなパンクサウンドにスカのリズムと一度聴いたら忘れられない中毒性のあるメロディが満載の新作。既にKERRANG!誌の表紙を飾るなどUKで要注目のヤツらが遂に日本上陸!これぞ本物のパンクの名盤。

HEADBUTT



HOLIDAY



WE ARE FUCKING ANGRY



SET THE WORLD ON FIRE



I WANT YOU



DOES ANYBODY CARE ABOUT US?

DISCOGRAPHY

PUNK & POETRY

(CD) [VJR-3125] ¥2.267-(税込 ¥2.380-) 2012年2月8日発売
解説、歌詞、対訳付
商品購入ページへ

収録曲:
01. LAST OF THE DREAMERS
02. WE ARE FUCKING ANGRY
03. SET THE WORLD ON FIRE
04. DANCEHALL
05. THE FUTURE'S NOT WHAT IT USED TO BE
06. I WANT YOU
07. FIVE BOTTLES OF SHAMPOO
08. SEX EDUCATION
09. SHOOTING FASCISTS
10. HEADBUTT
11. DOES ANYBODY CARE ABOUT US?
12. EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON
13. HOLIDAY (BONUS TRACK)
14. SORE THROAT (BONUS TRACK)
15. I GOT HATE (BONUS TRACK)

日本盤ボーナストラック3曲を含む全15曲収録

お近くの店舗に在庫が無い場合はレーベル名(Vinyl Junkie Recordings)品番(VJR-3125)でお取り寄せも可能です。

BIOGRAPHY

ザ・キング・ブルースは、フロントマンであるジョニー・イッチ・フォックス(ボーカル、ウクレレ、メロディカ)とジェイミー・ジャズ(ギター、ボーカル)の二人を中心にディーン・アシュトン(ギター、バックボーカル)、カット・マーシュ(ベース、バックボーカル)、ジョシー・ドブソン(キーボード、バックボーカル)、ジャック・アッシャー(ドラム)からなるロンドンの6ピースバンド。自らを「レゲエ、ヒップホップ、フォーク、ドゥワップ、パンクロックのミクスチャー」と表現する彼らは、ジョニーとジェイミーによるスカユニットとしてそのキャリアをスタートさせた。当時「ロック・アラウンド・ザ・クロック」というノースロンドンのギターショップで働いていたジェイミーはバンドの活動に専念する為その仕事を辞め、アコースティック・ギターとベーシスト、更にフルタイムのパーカッションメンバーを加え、本格的に活動を開始する。2006年にデビューアルバム「アンダー・ザ・フォグ」をDIYパンクロックレーベルHOUSEHOLD NAME RECORDSよりリリース、そのアルバムの中からのカットシングル「ミスター・ミュージック・マン」は英国営放送BBC RADIO 1の選ぶベスト・パンク・ソング 2006となった。2007年に入りユニバーサル傘下アイランド・レコーズをバックに持つFIELD RECORDINGSと契約を果たし、2008年にデビューアルバムを再発。2008年5月にはセカンドアルバムからの先行シングル「レッツ・ハング・ザ・ランドロード」を発表、オープニングにヴァイオリンを使用するなど新しい音楽性とジョニー自身のティーンエイジ・パンクとしての生き様を唄った自叙伝的な歌詞で圧倒的な支持を集めた。同年10月にリリースされたセカンドアルバム「セイヴ・ザ・ワールド・ゲット・ザ・ガール」はデビューアルバムも手がけたピーター・マイルズとエルヴィス・コステロ、マッドネス、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ、モリッシー、ザ・ホロウェイズを手がけたことで知られるクライヴ・ランガーがプロデュースを手がけた。アルバムからのカットシングル「マイ・ボールダー」はBBC RADIO 1のDJゼイン・ローが番組内でヘビープレイし、またゼインが今オススメの曲として元オアシスのノエル・ギャラガーにも紹介した。2010年に新しいレーベルTRANSMISSION RECORDINGSに移籍したバンドは、以前にも増して勢力的な活動を開始し、エンター・シカリのサポートを務めた後、一ヶ月に渡る自身のヘッドラインツアーを行った。サードアルバムとなる本作「パンク・アンド・ポエトリー」は本国で高い評価を受け、UKアルバムチャート31位を記録、本国のキッズ達が彼らの曲をほとんど口ずさめる程の有名な存在となった。日本でもロストプロフェッツ、ゼブラヘッドと共にパンクスプリングでの来日経験もあり、知名度も高い彼らが名盤ニューアルバムで遂に日本デビューを果たす!!

Bands