ザ・ウェディング・プレゼント
David Gedge - Vocal, Guitar / Marcus Kain - Guitar / Danielle Wadey - Bass , Vocal / Charlie Layton - Drums

バイオグラフィー
UK最高のシンガー・ソングライターの1人と謳われるデイヴィッド・ルイス・ゲッジを中心とするカルテット。1985年の結成以後、メンバー・チェンジを繰り返しながらも『BIZARRO』や『SEAMONSTERS』といった誰もが認める名盤を残す。1997年に活動を休止し、以後ゲッジはソロ・プロジェクト的な色彩の強いCINERAMAとして活動する。次第に精力的なライヴ活動をするようになったCINERAMAのライヴ・メンバーがそのまま移行する形で、2004年より新生ザ・ウェディング・プレゼントとしての活動を再開、シアトルでSteve Fiskをプロデューサーに迎えて制作された傑作『TAKE FOUNTAIN』を、自らのレーベルScopitonesよりリリース。さらに111公演にも及ぶワールド・ツアーを敢行。2008年にはスティーヴ・アルビニとタッグを組んだ『EL REY』をリリースし、16年振りとなるジャパン・ツアーを含めたワールド・ツアーを成功させる。2010年には『BIZARRO』発売21周年記念ツアーを行い、2012年、4年振りとなるスタジオ・アルバム『VALENTINA』をリリース。2012年、2013年にもジャパンツアーを行い、2016年にはアンドリュー・シェップスがエンジニアリング・共同プロデュースを務めたバンド史上最長の大作となるスタジオ・アルバム『Going, Going...』をリリース。そして2017年、デビューアルバム『GEORGE BEST』30周年を記念し、スティーヴ・アルビニ録音、アンドリュー・シェプス ミックスにより再録盤『ジョージ・ベスト・30』のリリースが決定。日本盤にはDavid Gedgeが現在の拠点である英ブライトンで毎年主催しているフェスから、今年行われたばかりの『George Best』全編再現ライヴでの4曲を日本盤独占収録。2018年には5年振り来日公演も予定されている。

Bands