G.I. オレンジ
カール・ウィットワース(ボーカル・ギター)マーク・ウィットワース(キーボード)サイモン・ウィットワース(ベース)ギャリー・ホル(ドラム)
バイオグラフィー
1984年カール(ボーカル・ギター)マーク(キーボード)サイモン(ベース)のウィットワース3兄弟とギャリー・ホル(ドラム)の4ピースバンドとして結成。

1985年にはCBS SONYよりシングル「涙でブレイク・アウェイ(Fight Away The Lover)」にて日本デビューを果たし、同年デビューアルバム「サイキック・マジック」とミニ・アルバム「ウィンター・ワンダーランド」をリリース。デビュー・アルバムからのセカンド・シングルとなる「サイキック・マジック」は人気番組「夕やけニャンニャン」のテーマ曲として使用され、当時の日本の音楽番組にも多数出演。トータル10万枚のアルバムセールスを記録した。

1986年には5枚目のシングル「テイク・ミー・トゥ・ユア・リーダー」を発売。この曲はTV CMにも起用されたものの、このシングルを最後に、各メンバーの方向性の違いの理由でバンドは活動を休止する。

2012年、ファンからの切望により、来日公演/リリースの計画が持ち上がったのを機にバンドは再結成を決意するが、来日公演が実現される事はなかった。
そして、結成30周年となる今年2014年、プレミア価格で取引されている彼等のデビューアルバム「サイキック・マジック」のリマスター盤の発売が決定。
日本盤のボーナストラックとして「Keep That Light」「Better Day」の新曲をレコーディング。

2015年1月には約30年ぶりとなる奇跡の来日公演がオリジナルメンバーで実現する。


Bands